Home > 幼稚園紹介 > 幼稚園の歴史

幼稚園紹介

幼稚園の歴史

スクーン・メーカー女史

スクーンメーカー女史

緑岡幼稚園

緑岡幼稚園

青山学院は、1874(明治7)年にアメリカのメソジスト監督教会から派遣された宣教師スクーンメーカー女史が、津田仙等の協力を得て、麻布に開校した「女子小学校」に創立の源があります。1878(明治11)年男子部門の宣教師ジュリアス・ソーパー博士を中心として開学された「耕教学舎」と、その翌年ロバート・S・マクレイ博士によって開校された「美會神学校」もやがて合わせられて学院の母体となりました。

その後青山の地に移転して、1894(明治27)年第2代本多庸一院長の時に青山学院と改名され、女子学校の流れは青山女学院と改称、更に合併などそれぞれに変遷を経ながら成長しました。第二次世界大戦が終わって、1947(昭和22)年に文部省の大きな学制改革があり、青山学院は男女共学の大学と、女子短期大学、高等部以下共学で初等部までが設立されました。

幼児教育の部は、キリスト教教育が国の政策で理解されていない時代、校友米山梅吉夫妻の尽力により、1937(昭和12)年に校内に別法人「青山学院緑岡幼稚園」が設立されました。
しかし東京大空襲によって全焼して休園にいたりました。 その後、機が熟して1961(昭和36)年、第11代院長大木金次郎先生の時に望まれていた現在の青山学院幼稚園が設立されました。

人間の教育にとってその幼児期は最も大事な土台づくりの時です。一本一本の草木がしっかりと根を張るためには、良い土壌と暖かい光と水が必要であるように、人の幼児期には出来る限り良い環境を整え、健全な成長の支えとなる援助が必要です。

本幼稚園は青山学院の一貫教育の中で運営されています。青山学院の教育方針に従って、キリスト教信仰に基づく保育理念をもって毎日の園生活が営まれています。保育者も園児も共に主イエス・キリストに現された神の愛のもとで、毎日お祈りをもって育てられております。一人ひとりの子どもの個性を大事にしながら、明るい子どもらしさを失わせることなく、楽しく思いやりのある生活が出来ることを目指しています。

幼稚園の歴史年表

年度・月 出 来 事
1961(昭和36)年 4月 青山学院幼稚園設置 園長を大木院長が兼任
2年保育(5歳児1クラス、4歳児2クラス 各10名 計60名)を開始
5月 「春の遠足」始まる
「秋の遠足」始まる
11月 「収穫感謝祭」始まる
12月 「クリスマス礼拝」始まる
新園舎完成
1962(昭和37)年 5月 「母の日礼拝」始まる
9月 「祖父母の会」始まる
10月 「運動会」始まる
1963(昭和38)年 4月 初等部との連絡会と参観
6月 「父の日礼拝」始まる
7月 「夏のキャンプ」(軽井沢追分寮)始まる
2月 第一回友愛セール
1964(昭和39)年 12月 保護者会、埼玉県加須市の愛泉会訪問
1965(昭和40)年 4月 「イースター礼拝」始まる
1970(昭和45)年 11月 幼稚園創立10周年記念礼拝
1977(昭和52)年 12月 「青山学院クリスマス・ツリー点火祭」に参加
1980(昭和55)年 10月 幼稚園創立20周年記念礼拝・記念誌発行
1985(昭和60)年 11月 幼稚園創立25 周年記念礼拝・記念式典
1987(昭和62)年 5月 飼育動物を飼う
1989(平成元)年 9月 園長代行として西岡久雄就任
1990(平成2)年 8月 園長事務取り扱いに深町正信就任
1月 園長に深町正信就任
幼稚園創立30周年記念礼拝
1992(平成4)年 9月 年長組初等部でのプール活動始まる(~2003年度)
6月
3月
初等部との連絡会の開催など、幼稚園・初等部との具体的連携が始まる
1994(平成6)年 2月 初等部宗教主任による礼拝が幼稚園で行われる
1995(平成7)年 4月 3歳児保育(3年保育)開始
7月 1年生同窓会(卒園生)始まる
9月 2階礼拝室、多目的ホール園舎改築完成
1月 「おもちつき」始まる
1996(平成8)年 6月 いとすぎの会(幼稚園後援会)発足
1997(平成9)年 2月 年長組と初等部との活動始まる
1998(平成10)年 4月 3歳児2クラスになる(ちゅうりっぷ、ばら組)
2000(平成12)年 4月 連絡委員会(幼稚園教員と初等部低学年パーティーの教員の話し合い)が発足し、具体的な幼初交流プログラムの検討が始まる
10月 3年保育(40名)のみの入園募集を開始
1月 幼稚園創立40周年記念礼拝・感謝の集い・記念誌発行
2002(平成14)年 5月 年長児が初等部で1・2年生と過ごし、1・2年生約36名が幼稚園で過ごす。各学期に1 回、「一緒に遊ぼう会」として年3回実行される