Home > 保育 > キリスト教保育

保育

キリスト教保育

幼稚園創立以来、幼稚園が保育の土台として大切にしてきたことは、神様への礼拝です。子どもたちは礼拝を通して、神様の存在を感じ、神様を信頼するようになります。

そうした中で、自分を振り返り、仲間に心を寄せ、自然界の営みにも気づいていきます。行事の際にも礼拝をもって始め、毎週一度礼拝室で礼拝を守ります。

年長組の軽井沢キャンプでは、緑豊かな自然の中で礼拝を行うこともあります。また、毎日の食事の前や帰る前に、生活の折にふれて、みんなで心合わせて祈ることを大切にしています。

これらのことを通し、一人ひとりが神様の愛の中に生かされていることに感謝し、喜びのうちに心豊かに育てられることを願っています。神様から子どもたちを委ねられた保育者自身も教会生活を守り、信仰が養われるように努めています。

キリスト教保育1
キリスト教保育2
キリスト教保育3