Home > 緊急・災害時の対応

 

緊急・災害時の対応

1. 緊急時引取りカードについて

園児1名につき1枚の緊急時引取りカードをお配りいたします。
緊急時引取りの際には、必ずご持参ください。

2. 台風等の災害時に際して

午前7時の段階で東京都23 区に対し、気象に関する警報(大雨、洪水、強風、暴風雨、大雪)が出ている場合

休園

午前7時以降に警報が出された場合

家庭で登園の是非についてご判断ください。
安全のため登園を見合わせる際は、必ず事務室にご連絡ください。ご連絡をいただいた場合は欠席扱いにはいたしません。

警報が出された時点で既に登園途上であったため、幼稚園に到着された方

→ 幼稚園で過ごし、状況をみはからって安全を確認した上で帰宅していただきます。
登園後に警報が出された場合には、直ちに園児を引取りに来てください。

3. 地震の発生に際して

登園前、登園途中、降園途中、および帰宅後に大規模地震判定会召集や大規模地震警戒宣言発令、大規模地震が発生した場合は、保護者のご判断のもとに避難行動をとってください。

保育中に大規模地震判定会が召集された時、大規模地震警戒宣言が発令された時、大きな地震(震度5以上)が発生した時

→ 直ちに幼稚園に園児を引取りに来てください。交通機関の麻痺等で、すみやかな引取りが困難と思われる場合は、幼稚園まで連絡を試みてください。交通機関が回復した際には、できる限り早く、かつ安全な方法で、幼稚園に向かってください。
電話連絡網やメールでのご連絡もいたしますが、通信が繋がらないことも予想されます。判定会召集等の状況を確認された時には、引取りに来られることを最優先としてください。
いずれにしましても、保護者の方が引取りに来られるまでは、園児は幼稚園が責任をもってお預かりいたします。
保護者の方が引取りに来られても、状況によっては、幼稚園で園児と共に待機していただく場合もあります。

東京で震度4以下の地震の場合

→ 震度4以下であっても、幼稚園の判断により、園児の引取りをしていただく場合があります。その場合、電話連絡網およびメールにより引取りの連絡をいたしますので、いずれかの方法で連絡を受けられましたら、直ちに園児を引取りに来てください。

避難について

地震の揺れが強いと感じた時、幼稚園では、園児の安全確保を第一として避難をします。テーブルの下に隠れ頭部をはじめ身の安全の確保と危険からの回避をはかり、さらに安全確保のために、防災頭巾をかぶり、園庭に避難します。
避難場所は、原則として幼稚園です。状況により学院内の他の場所への避難もありますが、最終避難場所が確定し次第、各家庭にご連絡いたします。